会社概要

はじめに

東北・上越新幹線が開通した1982年、アール・アンド・ビー株式会社が設立されました。

弊社の強みは、親会社サカモト産業がつちかってきた強固な国内ネットワークと、コベルコクレーンの代理店としての新車販売・修理・メンテナンス、またその営業ノウハウなどをフルに活用した取り組みです。

単なる輸出・販売だけに終わらず、輸出前のメンテナンス作業、現地での組み立て、スーパーバイザー派遣、修理、部品調達、その他お客様のご要望に応え一貫したサービスを提供してきました。

設立当初、東南アジアを中心に始めた中古建設機械の輸出は、30年を経て世界各国へと広がっています。そして、これまでに数千台を超える機械が輸出され、海外で活躍してきました。

これらのアール・アンド・ビーの経験は高く評価され、日本の優秀な製品を海外へ販売する活動も行っています。

2007年に傘下におさめたR&Bエンジニアリング株式会社(旧 新トーア)を、2011年に吸収合併し、新生・R&Bエンジニアリング株式会社が誕生しました。

これからはメーカーとしても責任ある活動をし、社会に貢献していきます。

会社概要

商号R&Bエンジニアリング株式会社
設立1982年4月14日
代表取締役坂元 正毅
本社東京都北区王子2丁目22-5
TEL:03-3919-2218 & 03-3919-2060
FAX:03-3919-2212

>>MAP

支店静岡県静岡市清水区長崎716-1
TEL:054-346-7211
FAX:054-346-8686

>>MAP

事業内容移動式小型クローラクレーン及び小型運搬車の製造・販売
建設機械および部品の輸出

沿革

  アール・アンド・ビー(株) 旧R&Bエンジニアリング(株)
1974   前身の東亜エンジニアリング鰍ェ創業集塵装置・送風機などの設計販売開始
クレーンの開発開始
1979   アウトリガ付油圧式ミニクローラークレーン(カートクレーン)を開発
石材・造園業界で爆発的な人気を集め、ブームを巻き起こす
1982 親会社サカモト産業鰍フ100%出資でアール・アンド・ビー鰍ェ創業
アジア中心に中古建設機械の輸出開始
 
1984   建設業界向けのカートクレーンを開発
1988 売上高1億円達成  
1989   社名を潟gーアに変更
本格的量産体制を確立
1995 外国人雇用開始
東南アジア、ヨーロッパ、中東、オセアニア、南米北米まで販売網拡大
 
1996   社名を叶Vトーアに変更
1999 売上高10億円達成  
2005 日本車輌製造叶サ製品の海外営業販売開始  
2007 宇野澤組製作所製 真空ポンプ・ ブロワの海外営業販売開始  
サカモト産業鰍ニ50%の共同出資で R&Bエンジニアリング梶i旧新トーア)を傘下に入れる
R&Bエンジニアリング製品の海外営業開始
サカモトグループにより買収
社名をR&Bエンジニアリング鰍ノ変更
2008 海外初の代理店をアジア地域に設置  
2010   2.98t吊カートクレーン CR335D を上市
2011 アール・アンド・ビーがR&Bエンジニアリングを吸収合併し、新生 R&Bエンジニアリングがスタート
(新生)R&Bエンジニアリング
オセアニア、カナダ、ヨーロッパに代理店を設置
ISO9001:2008/JIS Qを取得